--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017/12/31

銘柄別分配金実績

海外ETFの分配金について、銘柄別にまとめてみた。

スクリーンショット 20171231bunpai


直近の時価評価額での利回りだが、ヴァンエックベクトルJPM新興国債券ETFが
4.28%と最も高く、iシェアーズ 先進国(除く米国) REIT ETFが4.23%と僅差で続く。

ヴァンエックベクトルJPM新興国債券ETFは、新興国の債権に投資したETFだ。
政府系の債権中心で、利回りは魅力だ。
新興国債権なのでリスクはあるが、投資対象は分散されているので、許容の範囲だ。

iシェアーズ 先進国(除く米国) REIT ETFは、REITと名前についているが、
実際には不動産会社の株式も含まれる。
米国以外の先進国が投資対象で、国別にみると、現在は日本への投資額が最も大きい。


その他、株式については、米国株のETFと新興国ETFの利回りがほぼ同じなど、
想定と異なる結果となった。


再投資をどこを重視して行うか。
この正月、ぼんやり考えてみようと思う。

今年も残すところ2時間半ほど。
それでは皆さま、良いお年をお迎えくださいませ。


******************************************************************
☆ランキングサイトに参加してます。
 よろしければ応援のクリックをお願いします。
 (クリックするとランキングサイトに移動します)

にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ
にほんブログ村


サラリーマン投資家 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。